このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

locofrank「READY?」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi

locofrankが6曲入りCD「READY?」をリリースした。新メンバーとして横川慎太郎(Dr)を迎えて初の音源リリース。「メンバーが変わったときは絶望に近かった」という2年前から、locofrankはどう立ち上がり、どんな新譜を作り上げたのか。メンバー3人にリモートインタビューで話を聞いた。

 

新しいメンバーを入れたところでそれはlocofrankなのか?

──2年前の話になってしまいますが、Tatsuyaさんが脱退して、サポートメンバーに横川さんを迎えてツアーを回ることを発表されましたが、そのときから横川さんを新メンバーに迎えたいという想いがあったのでしょうか?

木下正行(Ba, Vo):俺と勇介は、Tatsuyaが辞めることによってバンドをどうしようかと悩んだ時期もあったんですけど、前向きでやっていこうと決めたときに、Tatsuyaがおらんくなってから次の動きまでに時間を開けたくなかったんです。だからすぐに声をかけて。もちろんお試しではありましたけど、やるなら、その場つなぎのサポートという気持ちではお互いにやりたくないという話を最初にして。一回でも一緒にライブをするなら、よこしんの名前を隠さずにやりかたった。……というよりも、あんまり深く考えてなかったです(笑)。

一同:あはは(笑)。

──Tatsuyaさんが辞めたタイミングで悩んだということですが、バンドを続ける以外の選択肢もあったのでしょうか?

木下:もうね、俺がやる気なかったんですよ。あの3人でやっていた時間が長かったので、一人が辞めることになったときに、新しいメンバーを入れて、果たしてそれがlocofrankなのか?って。自分の中では消化ができなくて。だったらもう辞めてもいいかなって勇介には言ってました。

──続けようと気持ちが変わったのはどうしてだったのでしょうか?

木下:勇介は始め「まぁまぁ落ち着いて考えーや」みたいに言ってくれていて。でもまだ前向きになられへんかったときに、勇介とふたりで、神戸にHAWAIIAN6とdustboxのライブを観に行ったんです。その日の2組のライブがめちゃくちゃ良くて。それでそのあと勇介と話したら、勇介が「お前が横で歌ってくれるんやったら俺はやりたいし、お前が横で歌わんのやったらやる意味もない」ということを言ってくれて、勇介とふたりでフロント張れるんやったらまだいけるか、と前を向けました。

森勇介(Gt, Cho):実際、俺も迷っていたというのが正直なところで。お互いどっちつかずだったんですよね、正解もない状況だったし。だったら、いいように丸めようというよりは、自分としてはやりたいという気持ちを正直に正行に伝えたほうがいいのかなと思ってそのときは正直に伝えましたね。


初めてのスタジオでほぼほぼ完璧ですごい

──そこで新ドラマーとして白羽の矢が立ったのが横川さんです。横川さんは、それまでlocofrankのことはどう見ていましたか?

横川慎太郎(Dr):locofrankとは対バンする機会もあまりなかったので、メンバーとの交流もほとんどなく、ただライブを見ていたという感じですけど、とりあえず男気あるイメージでしたね。あと、ちょっと怖い人たちなのかなって。

──サポートとして声がかかったときには、もう怖いイメージなくなっていましたか?

横川:いや……。Tatsuyaさんとはけっこう仲良くさせてもらってたんですけど、正行さんと勇介さんはしゃべるのほぼ初めてくらいの感じやったので、「何しゃべろ」みたいな。「どうしよう……」みたいな感じでスタジオに行ったのを覚えてます。

──まだほぼ話したことない状態でのサポートの話だったんですね。逆に、木下さんと森さんに伺いたいのですが、どうして横川さんに声をかけたのでしょうか?

森:さっき正行が言ってたことにも繋がるんですけど、当時ドラマーを見つけるに当たって、何かのバンドをやっている人に助けてもらうんじゃなくて、うちメインでやってもらえる人がいいよねって話をしていたんです。つまりバンドに所属していないドラムの子。その条件を最優先で探したところ、大阪には全然いなくて。よこしんだけが唯一暇人だったっていう。

横川:暇人!(笑) 暇じゃなかったけど!(笑)

森:バンドに所属してないドラマーが大阪によこしんしかいなくて。まぁまぁ、じゃあ声をかけてみようかなって。

横川:なんか気持ちよくない……(笑)。

木下:そんなことないよ!

森:運命だったんだよ(笑)。

横川:まぁ、じゃあ、いいっすわ(笑)。

森:もともとよこしんがやっていたバンドはそこまでメロディックパンクのバンドではなかったので、どうなのかなと思って周りのバンドマンとかいろんな人に話を聞いたんですけど、「よこしんはメロディックのドラムもすっごい上手に叩く」と聞いて。じゃあぜひうちでやってもらえないかなと思って声をかけました。

──実際に一緒にスタジオに入ってみていかがでしたか?

横川:最初のスタジオの記憶があんまりないんですよね、僕もけっこう人見知りやし、あまりしゃべったことない先輩とスタジオに入る、曲も覚えなアカンし、やべーなっていう状態だったので。

木下:スタジオまで3週間もないくらいのタイミングで、10曲くらい覚えておいてって話をしてしまったんですよね。そしたらスタジオで合わせたらほぼほぼ完璧で、純粋にすごいなと思いました。ドラムがうまいとは聞いてたけど、器用やし真面目やし、Tatsuyaとはまた違うタイプのドラムを叩くし。俺らは楽しかった記憶しかないんですけど……よこしんからしたら、あんまりしゃべったことない年上の偉そうなやつとスタジオ入って、抹消したい記憶なんでしょうね(笑)。

横川:ちょっと!(笑) 緊張してたんですよ!(笑)