このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

HEY-SMITH「Back To Basics」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Shingo Tamai

HEY-SMITHがニューシングル「Back To Basics」をライブ会場限定でリリースする。コロナ禍に制作したという今作は、制作過程から楽曲に込めた思いまで、これまでとは異なる点が多かったという。猪狩秀平(Vo, G)に話を聞いた。


猪狩秀平、YouTubeはじめます。

──6月からYouTubeを始められましたね。反響はいかがですか?



フェスとかで、お客さんから「ライブ行きました」じゃなくて「YouTube見ました」って言われることが多くて、みんな見てくれてるんやなって。YouTuberとバンドマン、がんばって両立しようと思ってます。

──初回の動画で「HEY-SMITHやバンドシーンを広められたら」と、YouTubeを始めた理由を語られていましたが、そのあたりの実感はありますか?

それはまだ全然ですね。ただ、俺のYouTubeを見て「そういう見せ方もあるんや」ってバンドマンがみんなYouTube始めてくれたらいいなーって思ってて。それが結果的にバンドとかライブハウスの支援にもつながってくると思うので。例えば格闘技ってYouTubeすごいんですよね。選手のほとんどがYouTubeやってて、結果、ファンが増えてこの間の「RIZIN」では東京ドームを埋められてるわけで。バンド界もそうなったらいいなと思ってます。

──ただ、その一方で、HEY-SMITHはずっと「ダウンロードやテレビじゃなくてライブ」というメッセージを掲げてきていたので、猪狩さんがYouTubeを始めたのは少し意外だったんですよね。

あー、そういう抵抗感も最初はもちろんありました。けど、YouTubeってほかのメディアに比べたら、発信するのに向いてるんじゃないかと思って。用意されたコメントとかじゃなく、本当のことを発信できるから。それに最終的にはライブを観てほしいのは変わらなくて、ただ、そのきっかけを作りたいっていう話かな。もうテレビも観ない、CDも聞かない、YouTubeしか観ないっていう人もいるから、そういう人に向けて「こういうシーンがあるで」って発信しておかなアカンなと思った。

──その危機感みたいなものを感じたのには何かきっかけがあったんですか?

シーンが停滞してるなと思って。別に狭まってはいないけど、大きなムーブメントになるわけでもなく。これだけ一生懸命に車輪を漕いでも停滞してるんやったら、車輪の数を増やさなアカンのちゃうかなと。

──その停滞感はいつ頃から感じ始めたんですか?

やりながらずっと。もう10年くらいはずっと感じてたかな。シーンがめちゃくちゃ広がってほしいわけでもないねんけど、選択肢にすら入ってないっていうのはよくないなと思ってて。このシーンって閉鎖的やから。そこがいいところでもあるんやけど。だからYouTubeも例えば「巨大グミ食べてみた」とかばっかりやるつもりもないんやけど、カルチャーばっかり発信しても結局知ってる人しか見なくなっちゃうから、いろいろ織り交ぜつつやりたいなと思ってます。

 

とにかくいい曲が作りたかった

──YouTubeを始めたのには、コロナ禍やそれに伴う自粛期間が影響していますか?

してます、してます。自分は表現者のつもりやから、ライブがなくなったときに「表現する場所がないやん!」という危機感があって。何か自分が表現する場所を持ちたいっていう気持ちがYouTubeを始めるキッカケにつながったかな。

──最近のライブでも「今、一番しんどい時期」とおっしゃっていましたが、自粛期間や思うようにライブができない今の時期、どういうことを考えていますか?

本当につまらないですね。「最悪やー」ってずっと思ってます。ライブもないし、人とのコミュニケーションも取れないし、ほんまに時間の無駄してる感じする。未来のためにがんばってるんだみたいな気持ちには全然なってないです。

──いわゆる“おうち時間”は何を?

基本、シコってたすね。中3の頃より、この1年シコったんちゃうかっていうぐらい。いろんなジャンルでイケるようになりました。

──なるほど。ちょっとそこはあんまり広げられないので話題を変えますけど(笑)、音楽や映画といった普段とは違うインプットは何かありました?

音楽的なインプットは特になかったかな。みんなにオススメされて韓国ドラマとかも手を出してみたけど、あんまりハマらなくて。とにかく無。無でした。

──曲作りはいかがでしたか?

曲作りはめっちゃしました。今回の「Back To Basics」もこの期間に作ったものやし。あとは今まで使ってなかったDTMも勉強して使えるようになった。それは良かったかな。


──基本“無”だったとのことですが、そうなると、曲として出てくるものも今までとは変わりますか?

そうですね。前作「Life In The Sun」(2018年11月発売)のときは「日曜日の朝、こんなことしてるだけで楽しい」みたいな明るい曲が多かったけど、今はやっぱりそういう気持ちの曲は生まれない。今回は今の状況・・・というか、この状況の中での自分の何もできてなさに対する気持ちが大きいかな。コロナとか世間に対してっていうよりは自分の堕落さですね。

──それこそ「Life In The Sun」のときはカリフォルニアで曲作りをしていましたし、そう考えると全然違いますよね。

はい。今回はマジで家だけで。メンバーとも集まれる環境じゃなかったので、レコーディングまで1回も合わせてないんですよ。

──1回も!?

はい。レコーディングでぶっつけ本番みたいな感じでした。

──今までとはずいぶん違う曲作りだったと思うのですが、やってみていかがでしたか?

合わせてみないと、ライブしてみないと、わからないことはいっぱいあると思う。でも逆に言うと、そういう広がりが見えない分、ゴールまで突っ走ることができたというか。普段はゴールに向かってる最中にライブをやって「ここ、こっちのほうがいいかも」とかいろいろ見えてきて、ゴールまでに何回も曲がるんですよ。でも今回はそこは考えずに、演奏と音をめっちゃ良くするっていうことしか考えなかったので、まっすぐに行けてよかった。

──突き詰め方がいつもとは違う形だったと思うのですが、何をゴールに作っていったんですか?

とにかくいい曲が作りたかった。自分が死んだときに評価されるような良いものを残しておきたかったって感じかな。

──毎回いい曲を作りたいという気持ちはあるんじゃないですか? それとはまた違う気持ちでした?

もちろんいつも良いものを作りたいっていう気持ちはあるんだけど、なんか今回は「これをライブで演奏することはないかも」っていう危機感があって。だから、いつもよりももっと“これ聴いときゃHEY-SMITHの全部が入ってる”みたいな曲を作りたかった感じがある。「Life In The Sun」のときはいろんな色があったと思うんやけど、今回はもう“HEY-SMITH全部乗せ”みたいなものにしかった。これが最後の作品ですって言っても納得できるような。

──最近、ライブでも「これが最後かもしれないと思ってライブをしている」とおっしゃっていますが、何からその危機感が生まれてきているんですか?

何だろうな。自分が子供の頃から好きやった有名人が死んだニュースとか見て「あ〜、人って死ぬんやな」って思うんですよね。前まではそれが自分に降りかかってくるとは思ってなかったけど、最近すごい感じるんですよ。

──昨年、病気をされたことも影響していますか?

もしかしたら、それもあるのかもしれない。肺の病気やから、コロナも余計怖いし。あとは周りの友達に子供が生まれることも多くて。なんか死ぬとか人生が終わるっていう感覚が前よりも近いって感じ。誰かをずっと好きな人生とか、誰かと愛し合って死ねるんやったら最高だけど、今の自分は結婚もしてないし、今のところそういう人生はないなって考えたら、最高の音楽を残しておかないとって。

──生死含めて人生を考える時期だったのかもしれないですね。

そうかも。