このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

FUTURE FOUNDATION「TRINITY」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Ruriko Inagaki



Crystal Lake、SHADOWS、NOISEMAKERによるプロジェクト・FUTURE FOUNDATIONが1st EP「TRINITY」を6月2日にリリースした。

昨年ライブハウス支援プロジェクトとして3組が立ち上げたFUTURE FOUNDATION。彼らが、当初発表した「DAWN」に新曲を加えたEP「TRINITY」を完成させた。これを記念して、3組のボーカルによる鼎談を実施。楽曲に込めた想いや、ライブバンドとしてのコロナ禍での葛藤について聞いた。

今の状況に対する怒りと、それを通り越した先の希望

──FUTURE FOUNDATIONはライブハウス支援を目的として昨年6月に発足したプロジェクトです。発足と同時に「DAWN」の音源とミュージックビデオをリリースしましたが、当時からEPのリリースまで想定されていたのでしょうか?



Ryo(Crystal Lake):全く想定していなかったです。「DAWN」だけの予定だったので、まさかEPを出したり、山手線に広告を出したり、多くのミュージックビデオを撮ることになったりするなんて思ってもいなかったです。

Hiro(SHADOWS):去年の10月、11月くらいにEPを出すということが決まって。

AG(NOISEMAKER):「DAWN」のほかに3曲作ることになって、1日1曲のペースで作ったよね。

──えっ、1日1曲のペースで今作を?

AG:はい。全部1日で作ったんですよ。

Ryo:3組で合宿をして、本当にゼロの状態から3曲作りました。誰かがリフを持ってきて、それを元にメロディを作ってサビを作って、1曲できたら「はい、次の曲!」って。

AG:楽器陣がバックを作ってる裏で、俺らは歌詞を作って。

Ryo:で、3人でデモ録って。

──人数が多い分、普段の曲作りよりも時間がかかりそうなものなのに、むしろその作り方で1日1曲ペースは大変ですね。

AG:いい意味でみんな割り切ってましたね。時間が限られてるのもわかってるから。みんなプロだったね。

Ryo:結果、すごくシンプルだけど奥行きがある、3組それぞれの良さの出た曲になってるんじゃないかなと思います。

──「DAWN」は“見えない真っ暗な現状から希望の光が差すイメージ”というコンセプトだったかと思いますが、今作はどのようなコンセプトで作っていったんでしょうか?

Hiro:この状況やコロナに対する怒りですね。

Ryo:基本的に「DAWN」のときのポジティブなテーマがベースになってはいるんですけど、その中でそれぞれ思うことはあったので、ブレインストーミングをして、その中からテーマをピックアップして……という形で歌詞を作っていきました。1曲ずつそれを繰り返していったんですけど、最終的にどれも共通して言えるのは、コロナや今の状況に対する怒りと、それを通り越した先の希望。その2つが大きなテーマになっていると思います。「DAWN」のときはまだ何もわからない状況だったけど、今はある程度見えてきているので、将来へのビジョンみたいなものも描けているんじゃないかな。前回はとにかくそれぞれの思いがぶつかって、かなり散漫で。それがエモーショナルでよかったと思うんですけど、今回はテーマがシュッと絞られて、ストレートにメッセージが込められたと思います。

IMG_2933_re


普段やらないようなトライを

──ではここからは今作に収録される新曲3曲について伺っていきたいと思います。まずは1曲目「FUTURE FOUNDATION」。

AG:これはFUTURE FOUNDATIONのテーマソングみたいな感じじゃない? “ヒーローが集まった”みたいな。アベンジャーズ感というか。

Ryo:まさにアベンジャーズ感。「ヒーローの登場を感じるから、1曲目っぽいよね」って話をしながら作ってました。

Hiro:俺はこの曲で、2人にすげー引き出してもらった感じがしていて。自分のバンドじゃやらない……というかスキルがなくてできないようなことをやれた感じがします。

──それは2人に影響されて出てきたんですか? それとも「こういうふうに歌って」と渡されて、やってみたらできた?

Hiro:「とりあえずこんな感じで」っていうのがあって、それをいかに自分っぽくできるか。それをやってるうちに「自分にこんな引き出しもあったんだ」って。2人に感謝です。

Ryo:そう言うHiroさんもいろいろアイデアを出してくれて。特にバースのところはHiroさんらしさ、SHADOWSらしさが出てると思います。メロディとかリフはSHADOWSらしさがあって、開けたサビにはNOISEMAKERらしさがあって、その合間にあるメタルっぽい尖った部分にはCrystal Lakeらしさがあって。3組がうまくミックスされたなという印象ですね。

──それは意図的だったんですか? 「ここはSHADOWSっぽく」とか「サビはNOISEMAKERが作る」といったルールを決めたり。

Ryo:いや、自然とですね。

AG:本当にジャムって作っていったので。でもみんなどこかしらでバランスは考えてたんじゃないかなと思います。

Ryo:ボーカルで言うと、さっきHiroさんが「引き出してもらった」と言ってましたけど、3人とも普段やらないようなトライを入れようとは思っていて。例えば僕以外の2人は普段あまりシャウトしないですけど、最後の速いパートで「ここは叫んでほしい」とお願いして、シャウトで掛け合いをしてもらったんです。

AG:ハードコアパート歌ったの、生まれて初めてですからね。

IMG_2936_re



──歌ってみていかがでした?

AG:いや〜、もうちょっと練習しとけばよかったなと(笑)。

Ryo:いやいや、カッコよかったよ!

AG:でも元々ハードコアは好きで、やってみたい気持ちはあって。ただNOISEMAKERだとちょっと違うから、こういう形でやりたいことができる場所があってうれしいなと思いましたね。まあ疲れましたけど(笑)。

一同:あははは(笑)。

Ryo:2人とも俺が求めてるものがスッと出てきてさすがでした。ここだけじゃなく、それぞれにやったことないことがいろいろあって面白かったですね。

──NOISEMAKERらしさが出ているとおっしゃっていた、開けたサビを3人が歌うのも新鮮でした。

Ryo:3人の声って全然違うはずなのに、合わさるとすごく馴染んで聞こえて。その結果、芯のあるというか、パワーを感じられるサビができたのが面白いなと思いましたね。自分たちでも、デモと完成した音源で全然違うものが出来上がった感じがしました。

真面目に歌っちゃダメ!

──歌詞についてはいかがですか? バンド名やイベント名などが散りばめられたユーモラスな歌詞が印象的です。

Ryo:歌詞は「俺たちがFUTURE FOUNDATIONだぜ」って、おちゃらけながら自己紹介しているという内容で。最初、仮でビースティ・ボーイズの歌詞を使って歌を乗せてたんです。その感じが良かったのと、みんなビースティ・ボーイズが好きだから、その雰囲気を残して。

──確かに3組ともおちゃらけた曲はあまりやらないですよね。

Ryo:そうなんです。だから「これはやるしかない」と思って。

Hiro:面白かったですよ。レコーディングのとき、卓にいるRyoから「Hiroさん、もうちょっとバカになっちゃいましょう!」って司令が飛んできて(笑)。

AG:いつも通り真面目に歌っちゃって(笑)。

Hiro:そうそう。「真面目に歌っちゃダメ!」「そこはバカになりましょう」って。で、思いっきりバカになってやってみたら、「めっちゃいいバカっす!」って(笑)。

Ryo:まさに求めてるバカさが出て(笑)。AGくんも独特のチャラさがあって、そこにバカさを足したら、すげークールになって。面白かったですね。3人ともかなりはっちゃけました。

IMG_2892_re