このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

"FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-" CROSS TALK Vol.1

text by 柴山順次(2YOU MAGAZINE)


今年で11回目となる名古屋発大型無料フェス「FREEDOM NAGOYA」が今年は慣れ親しんだ大高緑地よりAichi Sky Expo(愛知国際展示場)に会場を移し「FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-」として開催される。今対談ではNOBUYA(ROTTENGRAFFTY)、猪狩秀平(HEY-SMITH)、YOPPY(POT)、生田楊之介(Track's)、末武竜之介(KUZIRA)といった世代を超えた出演者に実行委員長である綿谷氏を交えFREEDOMのエピソードを語ってもらった。またこの状況下の開催に対する各自の見解も問題提起となれば。

[参加者]

NOBUYA(ROTTENGRAFFTY
猪狩秀平(HEY-SMITH
YOPPY(POT
生田楊之介(Track's
末武竜之介(KUZIRA


対談2


まずは皆さんのFREEDOM NAGOYAの印象から聞かせてください。

YOPPY:FREEDOMって入場無料やし前回までは公園での開催やったから誰でも入ってこれるじゃないですか。だから犬を連れたおばあちゃんとかもいるんですよ。その自由参加な感じがめっちゃいいなって。

末武竜之介:良い意味で学祭みたいな手作り感があって、お客さんも含めてみんなで作ってるフェスっていうイメージがありますね。

綿谷:確かに。最初はバンドマンとか友達たちとステージ組んだり、テント建てたり、運営したり、学祭っぽいところからスタートしたからね。

生田楊之介:人がめっちゃいて色んな所からステージが見れるじゃないですか。やってる側からすると凄い遠くまで人がいて、調子こけるんですよ。だからめっちゃ楽しいですね。トータルして調子はめっちゃ乗ってます。今年も調子乗りにいくぜ!

猪狩秀平:うわ、なんやこいつ(笑)。

生田楊之介:すみません!

猪狩秀平:NOBUYAくんにシバかれんで。

生田楊之介:NOBUYAさんの顔は怖くてまだ見れてないです。(一同笑)

NOBUYAさんと猪狩さんはどのような印象をお持ちですか?

NOBUYA:神戸の松原(松原裕)のCOMING KOBEみたいなフェスを名古屋でもワタがやろうとしてるんだろうなっていうのが最初の印象ですね。よく神戸まで話聞きに来てたし、ちゃんと松原にリスペクトがあってFREEDOMを作ろうとしていたから、そこに呼んでくれて俺らで力貸せるんだったらって初めて出たのが2012年かな。それで色々あって2013年を最後にしばらく出なくなったけど。

猪狩秀平:2013年は俺らもいた時やっけ?

NOBUYA:いや、もういなかった。

猪狩秀平:もうって何?

NOBUYA:あの事件があったから(笑)。

綿谷: 2012年ですね。

NOBUYA:マジで手作りだったけどCOMING KOBEの良いところもちゃんと受け継いでるなって思っていたんですよ。でも俺らの出番が終わってからHEY-SMITHを観に行ったら隣のステージのバンドが時間を押していて。そのバンドは10分くらい押してて、まだ終わってないのにHEY-SMITHのSEが流れ始めたんですよ。

猪狩秀平:音も明らかに被るような感じでね。

NOBUYA:それでその辺を歩いてる無線を付けたスタッフを捕まえて「綿谷をすぐ呼んでこい」って呼びつけたんですよ。それでステージ脇を見たら猪狩が舞台監督にガチギレしてて。

猪狩秀平:あははは。

NOBUYA:だって前のバンドがまだやってるのにSE流れてくんの失礼やん。(笑)

猪狩秀平:10分待たされると準備していた熱のコントロールが難しくなるんですよ。それでまだかまだかと思っていたら公園の終演時間が決まってるからどうしてもタイムテーブルを戻さなきゃいけないって理由で舞台監督が俺らのSEを流したんですよ。俺らは「いい」って言ってないのに。それで、そこからはNOBUYAさんのおっしゃる通りで。

NOBUYA:NOBUYAさんとか辞めて。俺が一番悪い人みたいだからNOBUYAくんって呼んで。(一同笑)

猪狩秀平:それで俺もバンド史上、一番キレちゃって。「何でお前に俺らのタイミングを決められなあかんのや」「前のバンド止めるのがお前の仕事ちゃうんか」って。それでSE鳴ってるんやけどステージに出ていかなかったんですよ。

NOBUYA:肩車しながらSEでノリノリな子がいっぱいいるのにメンバー出てこないみたいな。

猪狩秀平:明らかに何かあったんやろうなって。それでめちゃくちゃキレて「こんなもん一生出るか」って怒鳴りつけたのが2012年。それ以降しばらく我々は登場しないという。

NOBUYA:偉いのはライブはライブでちゃんとしてた。俺だったら出来てないなって。

猪狩秀平:そこはNOBUYAさんとは違うので。

NOBUYA:さん付け辞めて(笑)。でもちゃんとやり切って次の年から出ないっていうのは筋通ってるしかっこいいなと思いましたね。

猪狩秀平:そのときワタくんはどう思ってたん?

綿谷:今でも忘れられないくらいトラウマだね。 大人になってからあんなに怒られた事ないし、何よりも本当に申し訳なくて。

猪狩秀平:あははは。

綿谷:でもあの経験があったからこそFREEDOM NAGOYAをずっとアップデートし続けてこれたと思っていて。あれがなかったらもうちょっと緩くやってたと思うし、さっき竜が言ったみたいに学祭ノリで始まったのが規模が大きくなっていってROTTENGRAFFTYやHEY-SMITHにも出てもらうようになって。だけど当時のFREEDOMの緩さが出ちゃったんだろうなっていうのはありますね。この件にも繋がるんですが、その前年の2年目のときにドラムのバスドラのヘッドが破れちゃったんですよ。だけどスペアを用意するっていう概念が当時はなかったので予備がなくて。それで1時間くらい掛けて車でヘッドを買いに行ったんですけど、結果17時終わりが19時くらいまで押しちゃって。それもあって、次に時間を押したら大高緑地で二度と開催出来ないことになったんです。だから1分でも押せないっていう状況の中だったから舞台監督もSEを流してしまったという…。全ては僕の甘さなんですけどね。そういう経験を経て今のFREEDOMまで辿り着いたとは思っています。

NOBUYA:よくよく考えたらHEY-SMITHじゃない俺がワタにキレるのは違うのかもしれないけど、友達のバンドがそうなってるのが嫌で。それで俺らも2017年までFREEDOMには出てなかったね。

猪狩秀平:2017年のFREEDOMに久し振りにHEY-SMITHとROTTENGRAFFTYが一緒に出たんやけど、その間もワタくんは毎年誘ってくれていたんですよ。でも「無理無理」って断っていて。それでも誘い続けてくれて、その期間でFREEDOMもどんどん規模が大きくなっていくのも見ていて、そういう男の頑張りは感じていたんですよ。俺とワタくんは同い年なんですけど、こんなにかっこいいことを頑張ってやってるし、もし俺らで力になれるんだったらなりたいなって。

綿谷:めっちゃ嬉しかった。

猪狩秀平:そのときにワタくんとも話したんやけど、10代のバンドもアイドルも色んな人が出て、ただライブやって帰るみたいな薄い関係性になるかもしれないから、せっかくだったら打ち上げをやらないかって提案して。それでHEY-SMITH主催でParty’zで若い人と絡みましょうっていう打ち上げをやったんですよ。

YOPPY:だからあの日の打ち上げがあったんや。NOBUYAさんも猪狩さんも滅茶苦茶酔ってたから「何でそんなストレス溜まってるのかな」と思ってたんですけど(笑)。

猪狩秀平:そこにNOBUYAくんも来てくれたんやけど、後輩を差し置いてロットンが一番はしゃいでいて(笑)。先輩がParty’zのど真ん中でチ〇毛を燃やしたりしてはしゃいでるから後輩は何も出来ず。(一同笑)

YOPPY:これまで先輩に色々やらされることはあったけど、先輩に先にやられるのが一番嫌なことに気付きましたね。それを超えるのは無理やろって(笑)。

NOBUYA:次の日起きたらマジでツルツルやったから(笑)。

猪狩秀平:俺も全然なかったですよ。

NOBUYA:でもそれぐらいハッピーな日だったからね。

猪狩秀平:それまでのわだかまりがあったからこそ、その年は凄くやり切れた感じもあって、あの打ち上げになっちゃったんですよね。あの打ち上げで隣にいた若いバンドに、全然そんなつもりないけど「バンドは打ち上げがいいか曲がいいかのどっちかや」って話したらしくて、それを真に受けた若いバンドが次の打ち上げでチ〇毛を燃やしまくったって聞いて。そういう意味じゃないねんけどなって(笑)。

NOBUYA:この話、好きー。カットなく全部使って欲しいー。

猪狩秀平:KUZIRAやTrack’sはその日の打ち上げにいるのかな?

生田楊之介:俺は夕方くらいにはもう潰れちゃって記憶がないです(笑)。

末武竜之介:僕は打ち上げ中、猪狩さんの隣にずっといましたよ。猪狩さんは覚えてないかもしれないですけど。

猪狩秀平:覚えてるよ。一語一句覚えてるよ。

末武竜之介:絶対覚えてないですよね(笑)。

NOBUYA:俺はKUZIRAのメンバーのLINE全員知ってるからね。京都大作戦の打ち上げでベロベロの俺の周りをKUZIRAが囲んできて(笑)。

末武竜之介:NOBUYAさん、一升瓶を瓶のまま一気してました。

猪狩秀平:NOBUYAくん、人のイベントでやりまくってるなあ。

末武竜之介:一升瓶を片手に色んなバンドを紹介してくれたんですよ。朝起きたら色んなバンドの人からLINEが滅茶苦茶入っていて。

猪狩秀平:それ、普通の世界で考えたらただのパワハラやけど、バンドの世界でいったらバンドの先輩の友達を紹介してもらえるって激アツやん。

NOBUYA:だからKUZIRAが活躍してるの見るとお父さんみたいな気持ちになるんだよね。頑張ってるなって(笑)。Track’sとも打ち上げしたことあるけどその時は割と早く帰らないといけなくて。

生田楊之介:NOBUYAさんはいつも飲んで暴れてるイメージしかなかったんですけど、その日は穏やかでした(笑)。でもそれ以外の打ち上げは毎回やばいイメージしかないです(笑)。

猪狩秀平:NOBUYAくん、10年前ぐらいの大暴れ期があって、それからしばらくして反省期があって、そこから大人しい期に突入して。(一同笑)

NOBUYA:俺の中ではクリーンキャンペーン中だった。

猪狩秀平:俺には厳しかったのにもっと下の後輩には優しかったりするから「あの頃のNOBUYAくんに戻りましょう!」って。

YOPPY:先輩らが一気に大人しくなった時期はあったかも。こっちはこっちで飲んでるからみたいな。そんな時期は確かにあった気がしますね。

猪狩秀平:そんなん感じたりするんや。

YOPPY:感じますよ。だってめちゃくちゃやられたいやないですか。(一同笑)

NOBUYA:まとめると、コロナが終息したらFREEDOMの打ち上げを絶対にやって欲しいってことですね。