このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

「Change for the future 2021」横山健 × チバユウスケ Interview!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Michito Goto


岩手・盛岡Club Change主催のライブイベント「Change for the future 2021」が12月29日に岩手・岩手県民会館 大ホールにて開催される。イベントはKen YokoyamaとThe Birthdayによるツーマンライブ。初めてKen Yokoyamaにチバユウスケがゲストボーカルとして参加し「Pressure Drop」を披露した2016年の「いしがきミュージックフェスティバル」の話から、コロナ禍で考えていたこと、当日への想いまで、横山健とチバユウスケの二人に、じっくりと語り合ってもらった。

出会いは10代、高円寺20000Vで

──Ken Yokoyamaのライブで、チバさんをゲストに迎えて「Pressure Drop」を披露し話題になりましたが、初めてそのコラボをしたのは2016年の「いしがきミュージックフェスティバル」。盛岡Club Changeの店長で、「いしがきミュージックフェスティバル」の主催者でもある黒沼亮介さんのムチャぶりがきっかけだったそうですね。

横山健:その前にチバくんと友達になって。そこからずっと「一緒に何かやろうよ」ってジャブを打ってたつもりなんですよ。でも「いつかね」って感じで実現しなかった。そんなことを黒沼が嗅ぎつけて「やってよ」と言ってきたのがきっかけだった気がします。



チバユウスケ:で、「やろうやろう」って。

──「その前に友達になった」というのはどういう経緯ですか?

チバ:クアトロの周年イベントだっけ?(2013年6月に渋谷CLUB QUATTROで開催された「QUATTRO QUARTER」)

横山:そうだね。10年前くらい。

チバ:もちろんその前から存在は知ってはいたけど、そのとき初めてKen Bandとツーマンして。

横山:でも実は10代の終わりくらいに高円寺20000Vで出会ってるんですよ。

チバ:それは俺も覚えてる。当時、健はザ・コークっていうバンドで、俺はメンバーは違ったけどTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTで、それぞれ出ていて。

横山:俺はその頃、ライブハウスで対バンして興味を持った人にゴンゴン話しかける子供で。でもそのときチバくんはあんまり話してくれなかったんですよ。チバくんって、お酒飲まないと全然話してくれないから。

チバ:そんなこと……いや、まぁ、飲まなきゃダメだな(笑)。

横山:あはは(笑)。休肝日はあるの?

チバ:うーん……「やばいな」っていうときは3本だけ、みたいな。

横山:休肝日じゃないよ、それ! 身体には気を付けてくださいよ、本当に(笑)。

チバ:そのままそっくりお返しします(笑)。

 

意識し合っていたHi-STANDARDとTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT

──お二人はそこで仲良くなったわけではなかったんですね。

横山:そうですね。それから何年も空いて。ミッシェルもHi-STANDARDもデカくなった頃に、広島のサービスエリアで会ったんです。お互いそれぞれツアー中でばったり。

チバ:覚えてる覚えてる。機材車同士で。

横山:「あのときのだよね?」って。俺は当然チバくんのことを覚えてたけど、チバくんが覚えてるとは思ってなかったからすごいうれしかったなぁ。

──そこからお二人の交流が始まった?

横山:始まってないです(笑)。

チバ:ない(笑)。

横山:そのときは正直言うと、ハイスタとミッシェルでバチバチだったんです。お互い意識し合ってて。

チバ:やっぱりさ、ハイスタはDIYだったじゃん。俺らはメジャーで全部会社任せ。もちろん意見は言うけど、やってくれる会社の人がいないと何もできなかったから。だからハイスタのことは「すげーな」と思ってた。

横山:今の状況だったら仲良くなれるはずなんだけど、当時はメジャーとインディーでくっきり分かれていて。僕はオーバーグラウンドでいきいきやってるミッシェルを見て悔しい気持ちだった。メジャーでつぶれていくバンドを見れば「ざまあみろ」と思うけど(笑)、いきいきやってるバンドを見るとね。しかもすごくカッコよかったから。

チバ:当時、うちのスタッフがトイズ(TOY'S FACTORY)の誰かと知り合いだったみたいで、ハイスタのビデオとかアナログとかもらったよ。

横山:そうなんだ!

チバ:うん。だから俺の持ってるハイスタって全部サンプル版なんだよ。

横山:すごい! 売っちゃう?メルカリで(笑)。

チバ:売っちゃうか(笑)。



──ではお互い意識はしたまま、件のクアトロのイベントまで交流はなかったんですね。

横山:そう。フェスで会ったときに挨拶するようになったくらいかな。すれ違いざまにチバくんが「Ken Bandあとで観にいくよ」って言ってくれて、うれしかった。

チバ:そんなことあったっけ?(笑)

──覚えていらっしゃらない?

チバ:(頷く)

横山:あはは(笑)。だからクアトロのイベントで初めてツーマンをやったときに「ここでチバくんとの距離を詰めるっきゃない」と思って、一日中つきまとうわけですよ。だけど相手にしてくれない。酔っ払ってないから(笑)。

チバ:そうだね(笑)。

横山:その日のチバくんは自分の楽屋にこもって、持ち込んだラジカセで音楽を聴きながらGretschを弾いててカッコよかった。そこで「やっぱりアナログなもの好きなんだな〜」って思ったの。とにかく僕はもうその日ずっとチバくんのことが気になっていて。

チバ:俺はKen Bandのライブを観ながら「Hi-STANDARDとはまた違うんだな。Ken Bandのほうがメロディの感じが好きだな」とか思ってた。

──その日仲良くなったのは、チバさんがお酒を飲んだからですか?

横山:そう。打ち上げになったらチバくんの顔つきが変わってて(笑)。共通の友達がいたから、その人から聞いた情報の擦り合わせをしたりして……すごいいい夜だったな、僕は。チバくんは覚えてないだろうけど(笑)。

チバ:でも最初に会ったときから本当に変わらない人だなとは思った。Hi-STANDARDを一回止めたり、レーベルやったりしてるのは知ってたし、ハードなことでも妥協しねえんだなと思ったけど、根本的には全然変わらない。