このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

「東北全体会議 in APPI」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by bunta


野外ライブイベント「東北全体会議 in APPI」が10月3日に岩手・安比高原スキー場 特設会場にて開催される。このイベントは「いしがきミュージックフェスティバル」などを行う岩手・盛岡Club Changeが主催するもの。東北6県在住者のみが参加できる、東北のためのイベントだ。

そこで主催者である盛岡Club Changeの店長・黒沼亮介氏にインタビューを実施。Club Change系列のライブハウスや「いしがきミュージックフェスティバル」が、岩手のみならず東北の音楽シーンに与えた影響、そして「東北全体会議 in APPI」への想いを聞いた。


ライブハウスがなかった岩手県


──最初に黒沼さんの自己紹介をお願いします。

株式会社盛岡Club Changeの代表取締役です。18年前にClub Changeを作って、現在はCLUBCHANGE WAVE、the five moriokaもあわせて3店舗のライブハウスの経営、そのほか飲食業などもやっています。



──そもそもClub Changeを作ったのはどうしてだったんですか?

中学生の頃にパンクやハードコアパンクに目覚めた僕は、盛岡在住でバンドをやっていたんです。でも盛岡市どころか岩手県内にもライブハウスがなくて、ツアーを回っても地元でツアーファイナルができなかった。そんな話をSLANGのKOさんにしていたら「ないなら作ればいいんじゃない?」って言われて。で、27歳のときに知り合いの大工さん2人と、3人で作りました。そもそも東北は人口が少ないですし、岩手では高校卒業後、東京や仙台に出ていく人が多くて、なかなか音楽シーンが育ちにくくて。47都道府県の中で最後にライブハウスができたのが岩手だと思います。

──シーンができにくいとおっしゃっていましたけど、3店舗ができた今はシーンは出来上がっていますか?

大きいシーンにはなっていないと思うのですが、いろいろな世代の人たちがライブハウスに出て交流しているのを見ていると、集まる場所があるのは大きいなと思いますね。すごく良い形でつながりができてるんじゃないかな。Club Changeができてから20年近くの間にライブハウスのあり方は変わっていますが、逃げ場というか……弱い人間も少し変わっている人間も、いろんな人がやって来られるような場所にはなってきているのかなと思いますね。


盛岡の活性化を目的に始めた 「いしがきミュージックフェスティバル」


──2007年には「いしがきミュージックフェスティバル」を始められました。これはどういった想いからだったのでしょうか?

ちょうどその頃、市街地のデパートがなくなったり、郊外に大型店ができたりして、盛岡市に元気がなくなっているのを感じていて。何か盛り上げられないかなと思って、音楽に限らずさまざまなコンテンツのあるお祭りのような「いしがき文化祭」というイベントを開催したんです。その中で、音楽は世代を問わず楽しめるものだなと感じたので、翌年から音楽に特化した「いしがきミュージックフェスティバル」を始めました。あくまでも街を盛り上げる一つのイベントに過ぎないのですが、動員人数も参加者も増えていって。盛岡の人も、関連企業も、もちろん僕らみたいな制作陣も、みんなが一体となっている街ぐるみのイベントになっています。遠方から来てくれた人に「盛岡って良い街ですね」と感想をもらうこともあって、街の人も出演者も喜んでくれて、すごくうれしいですね。

──これだけの規模のイベントを、無料で開催しているのもすごいですよね。

目的は街の活性化なので、誰もが見られる環境を作る必要がありますから。普通に部活帰りの中学生が見ていたりするんですよ。若年層がライブを見て、その記憶や思い出を、大人になったときに街にフィードバックしてもらえたらという想いもあって。もちろん無料でやるのには厳しいこともありますけど、楽しいですね。

──アーティストは、ゲストとアマチュアあわせて100組ほどが出演しますが、中でもゲストアーティストは、それこそ黒沼さんのルーツでもあるパンクやハードコアのバンドが多いですよね。変な話、街ぐるみのイベントでモッシュやダイブが起こるアーティストを出演させるのは簡単なことじゃないような気がするのですが、そのあたりはいかがですか?

僕の口がうまいんですかね(笑)。「ロックって言ったらHi-STANDARDしかない」「ロックってダイブとかないんですか? 普通ありますよ?」と言って回っているので(笑)。というのは冗談で、パンクというのかラウドというのか、ジャンルわけは難しいですけど、そういう音楽って、やっぱりライブの熱量自体がすごく高いじゃないですか。万人受けはしないかもしれないけど、強烈なインパクトを放っていく。「いしがき」にはそういう科学反応を期待しているんです。とはいえ、出演者を音楽的なジャンルで決めているわけでもなくて、人間的に好きなアーティストを呼んでいるという感じです。アーティストってすごく偏っている人間も多いし、一般的には斜めに見られがちな人も多いですけど、いい感性を持って言葉に替えてくれる。生き方の指標みたいなものを出してくれる人たちだと思っているんです。だからそういうライブを見て、何か感じてもらえたらって。日食なつこも、中学生のときに「いしがき」でライブを見て、強烈なインパクトを受けて、そのあとClub Changeでライブハウスデビューをしてるんですよ。そうやって、ジャンルを超えていろんな人が影響を受けて育っていってくれているのは「いしがき」をやっていてうれしいことのひとつですね。