このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

locofrank「READY?」INTERVIEW!!

「またイチから作っていける」という面白みを感じる

──横川さんは、実際にlocofrankのサポートメンバーとして活動を共にするようになって、メンバーやlocofrankというバンドのイメージは変わりましたか?

横川:男気はやっぱりあるなと思います。あとはサポートでの期間を経て、いい意味で普通の人達やったんやなっていうのは思いました。怖いとか厳しいとかは全然なくて、本当に普通のお兄ちゃんっていうか。僕もいろんな意見をちょこちょこ言ったりするんですが、そういうのも聞いてくれて、その上で「それは違うんじゃない?」とか「いいね!」って言ってくれますし。

木下:まんまとこっちの術中にはまってます(笑)。正式メンバーになるまではものすごく優しくしたし、おいしいもんも食べたし。まぁここからですよ(笑)。

横川:(微笑)

木下:おい、よこしん! お前が苦笑いやったらウケへんやん!(笑)

横川:リモートって難しいですね(笑)。

──木下さんと森さんは、横川さんが加入して以降バンドに変化は感じますか?

森:前の体制のときは3人とも同い年で、20年以上やってきていたので、良くも悪くも当たり前すぎちゃっていて。相手の性格も知りすぎてる分、言えないこともあったんですよね。それをよこしんが入ってくれたことで一回リセットできたところはあります。全部を新しくするわけじゃないですけど、今までの要素も残しつつ、新しく作っていく部分もあって。バンドをこれからどうしていこうかっていうのを、イチから3人で話し合える。20年やってきた選手がそれを今さらやるってなかなか難しいところなので、よこしんくんが入ってくれて……。

横川:いきなりの「くん」!(笑)

森:(笑)。よこしんが入ったことで、自分たちが20年やってきたlocofrankですけど、新鮮な気持ちでまたイチから作れている感じがします。

──新しい風を入れるという意味ではいいタイミングだったのかもしれないですね。

木下:ほんまによこしんくんが……。

横川:「くん」!(笑) また距離空けてきたー!(笑)

木下:リモートの“天丼”、バリむずいな(笑)。でもほんまに曲作りとかライブも「またイチから作っていかなアカン」じゃなくて「またイチから作っていける」という面白みとか楽しみを味わえてる。それくらいの刺激がよこしんにはあって。よこしんはピアノが弾けるから、今までのlocofrankの曲に関しても「ここってこのコードに対してこの音ですか」とか言ってくれるんですよ。そこで初めて気づくこともたくさんある。曲も音楽も新しいタッチで楽しめてる感じがあるんですよね。バンド、音楽を飽きるくらいやってきたつもりでしたけど、一人メンバーが変わるだけでこうも変わるんかって。正直、メンバーが変わったときは絶望に近かったんですけど、そこを抜け出して、よこしん、勇介、俺でもう一回スタートってなってから考えたら、今は本当に楽しいですね。

──新体制になって新譜を出すまでに、横川さんが意見できるようになったというのもよかったんでしょうね。

木下:それも絶対あると思います。あとは、今年の1月から13カ所だけですけど1本ツアー(『Woodside River TOUR』)を回れたことも大きかった気がする。ほんまにあのツアーは充実していて、すごく清々しく終われたというか。課題もあったし、手応えもあったし、新しいものも見せられたし。コロナ禍でのライブというものに対しても、一緒に試行錯誤して成長できた感じがあります。

 

「Days」、いい曲でしょ?

──新体制で初めてのCD「READY?」には、全曲を通してバンドに対する思いが綴られている印象ですが、作る前に構想などはあったのでしょうか?

木下:構想は別になかったんちゃうかな。1曲よこしんの曲が入ったり、勇介節が光る曲があったり。こういうものを作ろうっていうよりも、「ええやんええやん」って昔みたいに、カッコええと思ったらできていた、みたいな曲作りで。

──横川さんが作った曲も入っているんですね。

木下:そうなんです、「Days」。いい曲でしょ? よこしんはピアノが弾けるから、アプローチがまた全然違くて、むちゃくちゃ……むずい(笑)。

──横川さんにも曲作ってほしいという話をしたんですか?

木下:いや、俺が全然曲できなさすぎて。で……見かねたんでしょうね(笑)。「ええ加減出せよー」「ないんやったら俺だすわー」みたいな。

森:でも本当によこしんが鼓舞しているというか、ケツ叩いている感じはあったよね。

木下:あった、あった。20曲くらい聞かせてもらって。

森:すごい作ってきたんですよ。迷惑なくらい(笑)。

横川:迷惑なくらい!?(笑)

木下:でも1曲しかよくなかった(笑)。

横川:まぁ、それはそうですね(笑)。

木下:リモートで笑い作るん、めっちゃむずいな(笑)。

横川:前のバンドのときもそうでしたけど、曲を作るのは好きで。正行さんも大変そうやったんで、ちょっとでもヒントになればなーみたいな感じでしたね。僕の好みとかバックグラウンドを知ってもらえるいい機会かなと思って。「こういうのも好き」「こういうメロディも自分の中にはあって」とかやってたら、いつのまにか20曲。でも採用されたのは1曲だけやったんで、もっとがんばろうと思います(笑)。

森:でもすごくない? 20曲で1曲採用されてんねんで? すごいで。

──以前、取材させてもらった際、私が「locofrankはブレないですよね」と言ったら、木下さんが「これしかできないんですよ」とおっしゃったんです。そこに、新しい角度やアプローチからの曲が作れるメンバーが入ったというのは、本当にバンドにとって大きそうですね。

木下:曲作れる・作られへんもそうですけど、前のドラムとはもちろんタイプが違って。性格も叩き方も。人としても俺と勇介ともまた違うタイプやし、それは面白いですよ。話は全然面白くないですけど(笑)。

横川:アタタタタタタ(笑)。

──1曲目「Motion」は3人になって初めて作った曲とのことで、歌詞からもバンドの決意がすごく表れている気がしましたが、3人になって今のlocofrankはどういうモードですか?

木下:ワクワクしていますね。今は「READY?」を提げたツアーのことしか考えられないんですけど、自分たちのツアーで30本近く、しかも対バンで。仲間たちにやっと今のlocofrankを見せられると思うと楽しみですね。