このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

Northern19「GOODBYE CRUEL WORLD」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Akira”TERU”Sugihara



Northern19がニューシングル「GOODBYE CRUEL WORLD」を7月28日にリリースした。

リリース発表時から「バンドがネクストレベルに到達した」と各所で伝えられていた本作。その実は、“自分たちがエキサイトすることをやる”、その一心から生まれた1枚だった。本作の手応えや、細かなこだわりについて3人に話を聞いた。

新作はブラストビートから

──さっそくなんですが、『GOODBYE CRUEL WORLD』を再生して驚きました。1曲目「MOVE ON」から今までのNorthern19の1曲目と雰囲気が違って。歌心のあるイントロも印象的でしたし。

笠原健太郎(Vo, G):ありがとうございます。メタラーとしては、ギターソロとかギターリフで歌うのが好きなので、そう言っていただけるとうれしいです。

──勝手に、“ライブでシンガロングができないぶん楽器で歌おう”みたいな意図があったのかなと推測してしまったのですが。

笠原:あー……正直なこと言うと、それはそんなに意識はしていなくて(笑)。自然と出てきたものです。最初にオクターブのフレーズができて、これはアルペジオにも置き換えられるぞと思ってアルペジオのパートも作って。結果、オクターブプレイとアルペジオ、同じメロディでのバリエーション違いが2パターンできました。自分たちの曲にあんまりそういうプレイがなかったので、うまくできたなと思いましたね。

敦賀壮大(B, Vo):最初のイントロ部分は、作り始めたときはブラストビートじゃなかったんですよ。で、ブラストにするときに「哀愁ハードコアみたいにしたい」という話になってアルペジオになりました。

馬場豊心(Dr, Cho):そうだ、ブラスト入ってなかったんだ。メロディは一緒だったけど、イントロもサビもツービートで。

笠原:そうそう。で、「この曲、ブラスト導入してみない?」って言って、まずはイントロにブラストを入れてみて。そこからサビメロを変えて、ちょっと展開を整えたら、アルペジオのイントロが浮かんで。いい曲って、全部のパーツが準備されていたかのように偶然ピタッとハマるんですけど、この曲にはそれを感じました。

──「ブラストを入れてみよう」というのはどなたのアイデアだったんですか?

笠原:僕です。最近、いろんな音楽を聴いては「この曲カッコいいよ」とかそういう話をメンバー間でめちゃくちゃしてたんですよ。その中で、ブラストビートいいなと思って。ブラストっていわゆるハードコアとか、ラウドな曲に使われることが多くて、そこにメロディが乗ってることってあんまりない。近いのがブラックメタルだったんですよね。そこからヒントを得て、自分たちらしいメロディアスなものを乗せたら面白いんじゃないかと思ってやってみた感じです。

──ブラストビートを取り入れるというのは、ドラマーの馬場さんにとっては大きな変化ですよね。

馬場:そうですね。今までもちょこちょこ入れてはいたんですけど、今回はメインで入れているので、叩き方を研究しました。

笠原:Northern19が初めてブラストを入れたのは、たぶん2012年くらいで。そのとき僕がハードコアにどハマりしてて、馬場くんに「ブラストやってよ」って言ったら、馬場くんがなんとなくでやってくれて。「できるじゃん!」って曲に入れたんですけど……。

馬場:なんとなくでやったから手首を痛めちゃって。それで嫌になったんですよ、「ブラストなんなの!?」って(笑)。だから自然と遠ざけていたんですけど。

笠原:今回、自然と戻ってきたよね。

馬場:今まではスタジオで曲を作っていたんですが、壮大が入ってからパソコンを使って曲を作るようになったので、叩けなくても曲が作れちゃうんですよね。それで今回ブラストを入れた曲ができたんですけど、すごくいいからこれでやろうということになって。レコーディングが終わった今もいまだに研究してます。YouTubeでブラストビートを叩く動画を検索しては、手首ばっかり見てます(笑)。

LUNA SEAを聴け

──先ほど、最近は聴いている音楽の話をよくするとおっしゃっていましたが、もともとそうなんですか? それとも壮大さんが入ってから、価値観の共有みたいな意図を込めて?

笠原:壮大が入ってから変わったと思います。前からよくメンバー間でそういう話はしていましたけど、より増えた。壮大はポップパンクが好きで、でも幅広くてって感じで。僕は好きで、馬場くんはあんまり聴いてないGuns N' Rosesを聴いていたりするので、そのへんの話をしたり。

Northern19_0729_1



敦賀:親の影響でハードロックはよく聴いていて。そのあと2000年代のメロディックパンク、最近は静かなエモめのものをよく聴いています。THE YELLOW MONKEYも好きで、その話をしたりしますよね。

笠原:そうそう!

馬場:ただ、うちらの世代はビジュアル系がめっちゃ流行ってたんですけど、壮大はそこがなくて。そのあたりは年齢差を感じます。

笠原:だからよく「LUNA SEAを聴け」って言ってます。「Jさんのベースやばいから!」って。

敦賀:今作のレコーディング中、自分の出番がないときはずっとLUNA SEAのベースをコピーしてました。

──笠原さんには、音楽オタクというか、常に幅広く音楽を聴いているイメージがあります。そこをみんなで共有することによって、バンドでもいろんな要素を取り入れやすくなりそうですよね。

笠原:そうですね。普段から自分なりのアンテナでいろいろ聴いては、ジャンルとか関係なく「これはノーザンに持ち込めそうだな」っていうものをアイデアをストックしていて。曲作りのときに「こういうのどう?」って共有していく感じですね。

日本のメロディックパンクを変えていきたい

──冒頭で、「MOVE ON」のイントロに驚いたという話をさせてもらいましたが、今作は全体的に今までのNorthern19にはなかった要素を感じました。前作は新体制になって1作目だったこともあって、“Northern19らしさ”が多かったのに比べると、今作はそこにあまりこだわらず自由に作ったんじゃないかなと思って。

笠原:そうですね。ちょっと今までとは違う、というか一歩先に進んだ感じを出したいと思っていて。壮大が入ったときから、そのモードではあったんですけど、前作『YES』では一旦“これがNorthern19だよね”っていうものを自分たちでも確かめたかった。で、今作では……これまでもずっと思ってたんですけど、日本のメロディックパンクって、表現が凝り固まっているなと思っていて。“いわゆるこういう感じ”みたいな。もちろんそれが良さでもあるし、それが好きでいいんですけど、新しいことができないかなと。僕たちももちろん日本のメロディックパンクが好きだし、シーンに対する愛もあるんですけど、それでいて、変えていきたいという気持ちもあって。「MOVE ON」ではそれが一番色濃く、うまいこと出せたんじゃないかなと思いますね。テンポを下げたり、エモい方向に持っていったりっていうのはよくやる手法だと思うんですけど、そうじゃなくて、逆にもっと加速させちゃって。もちろんそういうことをやっているバンドは国内外にいますけど、メロディックパンクではあんまりいないんじゃないかな。

Northern19_0729_2



馬場:その考えはわりと昔からあったんですよ。“メロディックパンク”っていうくくりになってるけど、もっと広げていきたいなって。それがうまく形にできたのが今作なのかな。

笠原:そうだね。でもやっぱり、速いビートで美メロで、っていうのはすごい好き。それが根本にあるのは間違いなくて。そこを軸にしながらどうやっていくのか。もちろん賛否というか、「変わった」みたいな意見があるのはわかっていて。自分でも好きなアーティストを聴いてて新作に馴染めないことってあるし。でも何年も経ってから聴いてみたらめっちゃよく聞こえたりする。だからあとあと「やっぱNorthern19っていいな、好きだな」って思えるようなものを作っていきたいと思っています。

──これまでNorthern19を外から見ていた壮大さんは、今作でのNorthern19の変化や進化をどう感じていますか?

敦賀:俺が外で見ていたときのメロディックパンクど直球な感じもカッコよかったし、今は自分が作る側に入ったこともあって「いい曲だな」って思っちゃいます(笑)。自分がメンバーになったので客観視はできないんですけど、満足いく曲ができました!って感じです。

笠原:そもそも俺らの曲聴いてた?(笑)

馬場:え、その確認、今する?(笑)

笠原:いや、聴いてるだろうなとは思ってたけど、確認してなかったなと思って(笑)。

敦賀:1stが出たときから聴いてましたよ!

笠原:ありがとうございます(笑)。