このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

NOISEMAKER “AXIS” INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Shingo Tamai

NOISEMAKERが2月16日に新作EP『AXIS』をリリースする。昨年6月に発表した楽曲「APEX」を中心にした本作は、ロックバンドとしての新たなサウンドが確立されたと言っても過言ではないだろう。自身も「ロックバンドの新しい軸の提示ができた」と語る本作について、メンバー4人に話を聞いた。

ロックバンドとして新しいサウンドを探して辿り着いた作品に

──『AXIS』聴かせていただきました。NOISEMAKERの新たな“軸”になりそうな1枚だと感じましたが、皆さんの手ごたえはいかがですか?

HIDE(Gt):いつも通りです。

AG(Vo):そうですね、いつも通り、手応えも歯ごたえもあります!

──6月にリリースされた「APEX」がアルバムの軸になっているのでしょうか?

HIDE:「APEX」と同時期にできた曲がほとんどですが、「APEX」と一緒に並んでも違和感のないものが入っているとは思います。“「APEX」みたいな曲を”ということではなくて、ただその時期にやりたかったことをやったらこれまでとは違う曲ができたという感じです。

──その時期にやりたかったことというのは?

HIDE:「イェイイェイ」っていう感じの……(笑)

AG:アバウトだな(笑)。

HIDE:「特にこういうもの」と気張って作ったわけじゃないですけど、「クラップが入ってる曲」とか「この曲はサビをこんなふうに」とか、作ってみたい曲を作っている感じで。いつも「今までとは違う曲を作りたい」という気持ちはあるので。

──単純に、今までとは違うことを求めていったらこういう曲ができた?

HIDE:そうそう。毎回そういう感じですね。

 

──AGさんは先ほど「手ごたえも歯ごたえもある」とおっしゃっていましたが、“歯ごたえ”の内容をもう少し詳しく聞かせていただけますか?

AG:ロックバンドってサブスクもあんまり回らないし、世界のトレンドの上位にもほとんど上がってこない。そういう中で戦っていかなきゃいけないという気持ちはあって。かといって、トレンドを追えば、ボーカルのソロプロジェクトのようになってしまう。でも俺らNOISEMAKERは、始めからずっと、ジャンルに捉われないというのを掲げていて、自分たちがそのときにいいと思うものを取り入れて、なおかつバンドとしての軸は絶対に崩さないようにバランスを見つけようとしてきたんです。例えば最近のハイファイなヒップホップのフロウを入れようとすると、もっとデジタルになってしまうと思う。今作はそういうものとはまた違う、新しいサウンドを探して辿り着いた作品になったなと思います。

──それこそ本作は、ボーカルのソロプロジェクトやシンガーソングライターが作るバンドサウンドでは実現できない音楽になっているなと思いました。

AG:メンバー4人の存在価値や、NOISEMAKERという音というものは、いつも意識していることですね。似たような音は作れるかもしれないけど、NOISEMAKERとしての個性のある音楽というのは常に考えています。

 

“神アルバム”に

──UTAさんは、今作の手ごたえいかがですか?

UTA(Dr):カッコいいですよねぇ(笑)。僕の中で、NOISEMAKERで一番の“神アルバム”は『RED APHELION』(2017年10月発売)だったんですが、今作はそれが塗り替えられたかもしれません。ただただ曲がカッコいいじゃないですか。ライブやってない段階でもこんなにカッコいいんだから、ライブをやったらもっとカッコいいんだろうなって。

──電子音の割合も多かったりして、特にリズム隊はやることがこれまでとは変わったのではないかと思うのですが、その点はどうでしたか?

UTA:やることが変わったというよりもやることが増えたという感じですね。これからは、ライブでどう再現するかを考える工程です。

 

──YU-KIさんはこのアルバム、どんなものになったと思いますか?

YU-KI(Ba):1曲1曲がすごくキャラのある、素敵な作品になったなと思います。

──音楽的に新しいことも多いかと思いますが、YU-KIさんの中で新しいことはありましたか?

YU-KI:毎回、そこに必要なものをブチこむっていう感じなので、あまりそういう意識はないかもしれないです。毎回新鮮で、毎回同じというか。音的にはオールドな感じが好きというのもあるし、バンドとしても、ハイブリッドな音と、生楽器の枯れた感じの音が融合していて。だからといって、ずっと同じことをしてるわけでもないんですけど……。

AG:一番カッコいいと思う音がこれだってことだよね。

YU-KI:そうそう。

AG:流行りのバンドサウンドを聞いてもカッコいいと思わないというか。

YU-KI:そうそうそう。

AG:すぐ飽きちゃうよね。

YU-KI:そうそうそうそう!……いや、僕はそこまで攻撃的なことは言ってないですよ(笑)。

AG:あはは(笑)。