このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

live report

TOTALFAT x BIGMAMA “Rules of the Youth” LIVE REPORT!!

Report by Chie Kobayashi
Photo by タカギユウスケ、Konuma Takashi

2021.12.2
TOTALFAT x BIGMAMA “Rules of the Youth” @Spotify O-EAST

コロナ禍の今年5月、BIGMAMAの金井政人(Vo, Gt)が近況を話したいと、TOTALFATのShun(Vo, Ba)を下北沢のタイ料理店に呼び出した。そこから始まったTOTALFATとBIGMAMAのコラボ曲制作。当初はこの楽曲制作を記念したツーマンライブ「Rules of the Youth」が8月に開催される予定だった。しかし新型コロナウイルスの感染状況は幾度目かの悪化。4カ月後の12月、満を辞して開催された。高校時代に出会った“素敵な縦社会”である2組にとって、待望の「Rules of the Youth」。そのステージ上には、青春を大事にしつつも、しっかりと前を向いている8人の姿があった。

開演時刻になると、注意事項を告げる影アナが始まる。「この声は…?」と思いながら耳を澄ましていると、ソーシャルディスタンスを確保するために用意された立ち枠の説明の途中で「今日ステージに立つのは最強のレーベルメイト。いわば皆さまも同じ仲間ということになります」と、いかにも彼ららしい説明がなされる。そして声の主が、自身がTOTALFATのShunであることを明かすと「やっと来ました、この日が!」とハイテンションに。さらに「今年5月……」と2組のコラボ曲の制作経緯が話され「今日はマジで俺らもBIGMAMAも気合入ってるんで」と意気込みを明かす。Shunの言葉に、待ちきれんとばかりにフロアからは盛大な拍手が贈られ、「Rules of the Youth」の幕は開かれた。


先攻は“後輩”BIGMAMA。彼らは静かにステージにやってくると、耽美な「セントライト」でライブをスタートさせる。「ずっとこの日を待ち焦がれていたんだろう?」との歌詞にはひときわ熱が込められ、高まる気持ちが音楽に昇華されていく。続いてドライブ感のあるイントロから「ヒーローインタビュー」へ進むと、さらに「Paper-craft」や「荒狂曲"シンセカイ"」が続けられ、ライブは緊迫感を増していった。


言葉少ないながらも金井が「我々の青春のライブへようこそ」と告げると、続いて披露されたのは1stミニアルバム「short films」収録曲「Look at me」。ツービートに乗せたパンキッシュなナンバーで、観客がバンドの初期に想い馳せていると、続く「CPX」では“友達”のShunを呼び込み、Shunがボーカルを取る形で同曲が演奏される。間奏の柿沼広也(Gt, Vo)と東出真緒(Violin, Cho)が高速でかき鳴らす場面ではShunが謎の動きを見せ、その姿にステージの6人もフロアの観客も思わず破顔。ハッピーなムードが広がった。


しかし“青春”にすがってばかりいないのが、この2組。BIGMAMAはここで新曲「Let it Beat」を披露。さらに“この5人での始まりの曲”として「The Naked King」を続け、改めてバンドの最新のモードを見せつける。金井は以前「子供が親の真似をするように僕らはTOTALFATの真似をして、ハッと気づいてそこから離れようとして……トライアンドエラーならぬトライアンドトライ」をしていると、BIGMAMAというバンドがTOTALFATから受けている影響について話をしていた。まさに、そうやって見つけてきた“今のBIGMAMA”をオーディエンスに、そして何よりTOTALFATに見せるようにパフォーマンス。最後に力強く「SPECIALS」を届けて、バトンをTOTALFATへと渡した。

 

後攻のTOTALFATは「お手を拝借」との言葉を合図に、「PARTY PARTY」「Room45」「World of Glory」とのっけからハイテンションなナンバーを投下。ハンドクラップを煽ったり、踊らせたりと、全員残らず連れて行く姿勢だ。「早くあの曲やらないかなと思ってると思うんだけど、BIGMAMAとTOTALFATが助走だから」と言っていたが、「助走からぶっ飛ばし過ぎだよ」とツッコミたくなるほど、テンションも場内の温度もさらに引き上げていく。


“TFコール”からツービートへとなだれ込む「Heroes From The Pit」、シャッフルのリズムがオーディエンスの体を揺らす「Welcome to Our Neighborhood」とさらにゴキゲンなナンバーを続けたところで、今度はBIGMAMAから金井、柿沼、東出を呼び込み。金井が「先輩、青春日和でいい天気ですね」と曲振りすると6人は「晴天」へ。Shunと金井は交互にボーカルを取り、柿沼はJose(Vo, Gt)とギター合戦。東出はBunta(Dr, Cho)と顔を見合わせながら、軽快なバイオリンの音色で彩る。演奏を終えて3人がステージを去ろうとすると、Shunが柿沼を引き止め、「カッキーが来たなら激しめのやつやりたいじゃん」と笑い、TOTALFAT+柿沼という4人で「X-stream」を披露した。


Shunが「俺らとBIGMAMAが一緒になったら、その場は楽しくなるんだって決まってる」と話していたが、その通り、6人による楽しげな雰囲気が会場を満たすなか、Shunは「こういうことができるのがTOTALFATとBIGMAMAなんですよ。これからも俺らの関係値と音楽と、次々に生み出していくものを楽しみに待っていてください」と語る。そして「昔の曲だって体制が変われば新しくなる。だからこの3人だけでBIGMAMAに贈ります」との言葉に続けて「Overdrive」をプレイ。TOTALFATらしい形で、後輩へエールを送った。

 

TOTALFATは最後に「Place to Try」を届けると、コラボステージを予告して一度ステージから捌ける。そして改めて先にステージに出てきたのはBIGMAMAとJose。金井から「ここから先はTFBM、それぞれの青春曲を1曲ずつ披露しようと思います」と説明がなされ、彼らは高校3年生の文化祭で披露した、“この曲にもしかしたら5人組のバイオリストのいるロックバンドにしてもらったのかもしれない”という、Yellowcard「Miles Apart」を披露。「後輩に言われてこんなに緊張したことないくらい緊張している」というJoseをゲストボーカルに迎え、6人は楽しそうに同曲を披露した。

 

続くTOTALFATは「俺らも3ピースになって、ズクズクしたギターっとか速弾きが恋しくなっちゃったわけよ」と、またもや柿沼を引き止め4人に。そして「ずっと歌詞にもメロディにもやられていた大事な曲。仲間はその曲の名前を自分たちのバンド名にした。そのくらいルーツになってる曲」としてSlick Shoes「For Better, For Worse」をプレイ。

 

演奏後にはShunが柿沼に「完璧だった!」と興奮して褒めていたが、それほどに息のあった演奏で、互いの“青春の曲”を披露した2組。8人がステージに揃うと、金井とShunを中心に、この日に至るまでの思いの丈を語り合う。Shunが「俺、あと4年はしゃべれるぞ」と言えば、金井が「(このツーマンライブをやるのは)次は4年後ですかね!」と受ける。そして「この最後の曲を8人で奏でてから、それぞれの道に進んで、またどこかで集合しましょう」と約束し、8人による「WE RUN ON FAITH」で、ライブは大団円を迎えた。最後は、TOTALFATがdustboxに言われていたという「先輩」「絶対」「一生」「後輩」という、“素敵な縦社会”の2組らしい掛け声でライブを締めくくった。


「WE RUN ON FAITH」は金井のボーカルから、金井とShunになり、さらにJoseと柿沼が加わる形で始まり、そこにBuntaとBucket Banquet Bisのドラム、Shunと安井英人のベース、Joseと柿沼のギター、東出のバイオリンが加わる。たった一人の歌声に歌声が、楽器の演奏が加わって曲が進んでいくその過程はまさにバンドの人生そのもの。その姿に、同じ学校の中でバンドを始め、それぞれの道へ進み、そして2組とも体制を変え、2021年のコロナ禍をきっかけに新体制となった2組がコラボするという、TOTALFATとBIGMAMAのこれまでの道のりに重なる。そんな彼らがコラボ曲のタイトルとして掲げた言葉は……「WE RUN ON FAITH(信じた道を走り続ける)」だ。

 

セットリスト

BIGMAMA
01. セントライト
02. ヒーローインタビュー
03. #DIV/0!
04. Paper-craft
05. 荒狂曲"シンセカイ"
06. Look at me
07. CPX
08. Let it Beat
09. The Naked King
10. PRAYLIST
11. YESMAN
12. SPECIALS

TOTALFAT
01. PARTY PARTY
02. Room45
03. World of Glory
04. Phoenix
05. Heroes From The Pit
06. Welcome to Our Neighborhood
07. 晴天
08. X-stream
09. Overdrive
10. Place to Try

TOTALFAT x BIGMAMA
01. Miles Apart(Originaled by Yellowcard)/ BIGMAMA × Jose
02. For Better, For Worse(Originaled by Slick Shoes)/ TOTALFAT × 柿沼広也
03. WE RUN ON FAITH / TOTALFAT x BIGMAMA

TOTALFATオフィシャルサイト

BIGMAMAオフィシャルサイト

TOTALFAT, BIGMAMA「WE RUN ON FAITH」INTERVIEW!!