このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

TOTALFAT, BIGMAMA「WE RUN ON FAITH」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Shingo Tamai

TOTALFATとBIGMAMAのコラボ曲「WE RUN ON FAITH」がリリースされた。高校時代からの先輩後輩という関係にある2組。20年来の付き合いでありながら、今回が初めてのコラボクリエイトとなった。2組が今も歩み続ける“青春”の道。その道のりをShun(TOTALFAT)と金井政人(BIGMAMA)に語り合ってもらった。


仲間と居場所を見つけた高校生活

──二組の出会いであり、コラボ曲「WE RUN ON FAITH」で歌われている“青春”でもある、高校時代の話から聞かせてもらってもいいですか?

Shun(TOTALFAT):俺らが高校に入学したときはまだ高校が男子校で(※編集部注:のちに共学になる)。文化祭で先輩たちがHi-STANDARDとかGARLICBOYSのコピーをやっていて、体育館なのにモッシュが起きたりして、ものすごく盛り上がってた。けど、先輩がめちゃくちゃ怖くて……俺はそれが嫌だったんです。「音楽がやりたい」って思うやつらとはみんなで一緒に音楽を楽しんでいきたいと思ってた。で、自然とBunta(TOTALFAT)とか、グッドモーニングアメリカの金廣(真悟)とか(渡邊)幸一とかたなしんと集まるようになって。休み時間に学校の図書館にあったパソコンから、MP3.comっていう音楽系のSNSの走りみたいなサイトを使って、みんなで海外のヤバいバンドを探していくっていう毎日を過ごしてた。情報をみんなでシェアして、影響を受けて似たような曲を作って。自分たちでもバンドやってみたいと思って始めたり、みんなが一番集まりやすい八王子のライブハウスでマキシマム ザ ホルモンのライブと出会って衝撃を受けたり。そうやって仲間を見つけて、居場所を見つけて、居場所でカッコいい先輩と出会って……っていう高校生活だったかな。



金井政人(BIGMAMA):僕は音楽をやるつもりはなくて。中学時代に野球で肘を壊して、サッカーで膝を壊していたので、高校では何をやろうかなとぷらんとしているときに、隣のクラスにいるKOZO(Wienners、MUGWUMPS)と出会って。KOZOはすでにドラムをやっていて、たぶん僕たちの学年で一番、音楽に対する熱量とかアンテナが高かった。そこに、何もわからない僕や安井(英人)が誘われて、なんとなくバンドとか音楽に興味を持つようになっていったんですけど……やっぱり決定的だったのはTOTALFATのライブを観たこと。文化祭の体育館なりライブハウスなりで、数百人を興奮させている様を観たときの衝撃は、いまだに上書きできずに残ってます。それまではどこかふんわりとバンドをやっているだけだったけど、その姿を見て、ちゃんとバンドをやろうと思ったし、高校生活での熱量の使い方が決まった瞬間でした。僕が入学した時、生徒会長はBuntaくんで、文化祭の実行委員長はShunくんだったんですけど、僕、3年生のときに自分が文化祭の実行委員長やってますからね。

Shun:そうだよね。

金井:あと僕が一番衝撃だったのは、僕らが高校3年生のときに、TOTALFATが渋谷のタワレコでインストアライブをやったこと。それを見てすごく夢があるなと思った。そんな先輩たちを見ていたから、バンドを始める=自分で曲を書いて、全国ツアーを回るって思ってました。普通、高校生でバンドを組むといったら「何をコピーするか?」じゃないですか。なのに、僕たちはコピバン期間をすっ飛ばしてますからね。すごく間違った常識だったんでしょうけど、今思うとそれが大正解で。今まで一度も歌詞を書いたことのない人間が当たり前のように曲を作って人に聞かせる。それってものすごく恥ずかしい行為なんですけど、どうやったら自信満々にできるかを考えて。それが今の自分の原点だなと思います。


仲間と居場所を見つけた高校生活

──そんな二組が、このタイミングで初のコラボ楽曲を制作したのはどうしてだったんですか?

Shun:いつでもできたと思うんだけど、純粋に、忙しくて一緒にやれたのが今だったっていうだけだと思う。ただ、忙しくても「今だ」と思ったら動いていただろうから、結局、今だったんだろうな。

金井:最も身近で、最も頼り甲斐があって、かつまだ一緒にクリエイトをしていない存在がいるというのは常に意識していたんですけど、その人たちを誘うのはどんなタイミングで、どんな提案がいいんだろうかということも考えていて。理由を挙げれば、いくつもあるんですけど、とにかく今このタイミングで誘うのが、一番お互いにいいモチベーションで挑めるんじゃないかと思いましたね。

Shun:お互い旧体制のときに1回コラボしておけばよかったかなーっていう気持ちもなくはないんだけど、逆に言うと、旧体制でやらなかったものが新体制でできたっていうのも今の実績というか。「新体制になった」ということはトリガーではないけど、お互いに高いところで出し切っていい作品ができたというのは、お互いが新体制のこのタイミングだったからなんだろうなと。

金井:基本的にアーティストのコラボ曲って超むずいんですよ。どっちかに寄りすぎちゃったり、下手したら双方の良さを殺しちゃうことすらありえる。でもいろんな経験を経て、今回一番いいコンディションの今のタイミングでShunくんに声を掛けたことは、今年イチいい仕事したと思えるくらいに良かった。このタイミングでShunくんに声をかけた俺、最高に勘が良くて、最高にセンスがいいって自画自賛してます。