このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

column

タイトル

SCENE by Photographer/Edit. Kohei Suzuki 03

ライブハウスを記録するシーンの第一線で活躍するライブカメラマンたち。彼らがいなくては、その現場で何が起こっているのかが歴史として残らない。
SATANIC CARNIVALにおいても"SATANIC PHOTOGRAPHERS 写真展"が展示され、写真を楽しむことができる。 だが、その1カット1カットには、フォトグラファーたちの思いがある。そのメッセージを写真だけではなく言葉でも知りたい。
この企画では、そんなシーンに関係するフォトグラファーに、この1枚の写真に、どんな思いがあるのか。語れる写真を紹介してもらう。
企画タイトルは"SCENE"。ライブ写真に限らず、風景や生き物、人や場所、彼らが撮影した写真群とメッセージを伝えていきたい。
今回は鈴木公平のSCENE第3段をご紹介。
テーマは"still photo. composition."


SCENE by Photographer/Edit. Kohei Suzuki 03


still photo. composition.



なぜ写真なのか?
音楽のライブなのになぜ写真なのか?

_O2_6964

きっかけはとてもシンプルだった 写真が好き 音楽が好き 二つを一つにすれば良い
写真を撮っていて大切にしていることは人それぞれあると思う 瞬間、光のあたり具合、色、熱量、空気感等々….

20180114_180119_0047

自分も色々ある中で、とても構図を大切にしている
同じ瞬間を撮った写真でも、
切り取り方、空間の空け方一つ一つで
感じ方、意味合いが変わってくる
そして見る人が、それぞれに想像したり解釈したりする

20180114_180119_0041

20180114_180119_0050

被写体が見ている目線の先
写っていない何かを自分で想像する
このあとに何が起こるんだろう
なんでこうなったんだろう

IMG_2139

その時の自分の感情と勝手に置き換えて、
考えれば考えるほど、想像は膨らんでいく


極端な事を言えば、写っていなくても良いのかもしれない

IMG_2394

説明しすぎない 解釈を委ねる、捉え方は自由
写真のそんな不親切だけど、寛大な所にずっと惹かれているのだと思う

_O2_6566

自分が写真を選んだ理由
結局言ってしまうと 「写真が好き」の一言だった
ただその一言の中には色んな気持ちや考えがある
一枚の写真にも想像をするきっかけになる写真
そんな写真を撮り続けていきたい
その想像の先によく耳にする
音が聞こえる写真
があるのかもしれない

IMG_2186

IMG_2302


Photographer Profile
鈴木公平

フォトグラファー。宮城県塩竈市出身 仙台市宮城野区育ち。橋本塁に師事し、ファッションメディアを撮影する仕事を経て現在はフリーランスとして活躍中。

https://www.suzukikohei.com/
https://twitter.com/kouhey0622
https://www.instagram.com/kouhey0622/


SCENE by Photographer ARCHIVE

SCENE by Photographer/Edit. Yukihide [JON...] Takimoto 02
SCENE by Photographer/Edit. Takashi Konuma 02
SCENE by Photographer Edit.Kohei Suzuki 02
SCENE by Photographer Edit.Yukihide [JON...] Takimoto 01
SCENE by Photographer Edit.Takashi Konuma 01
SCENE by Photographer Edit.Kohei Suzuki 01